AA_10-31

生活保護申請の年配相談員から俺のことを色々聞いた後
書類に記入し質問タイムへ

AA_10-31-1

ヒェ・・・全部答えたくね~
若いのに強烈なメガトンパンチばかり繰り出してきやがる
しかも事前に
「相談内容は外に漏れませんので安心してください♪」
とか言ってたけど
隣で相談中のおばさんに丸聞こえじゃねーか


でも俺は20分掛けて役所へ向かっているあいだに
AA_10-31-2

という心境になっていたので
答えないという選択肢は無い

AA_10-31-3

担当「そうですか~分かりました。ちょっと相談してきますね」


ふふん
履歴・経歴は空白しかないブラック人材に紹介できる会社なんてなかろう
悩め悩め若人よ


~20分後~


担当「お待たせしました。すぐに紹介できる仕事があります!」

俺「え?」

担当「警備です!」

俺「はあ・・・(いやまあいいけど)」

担当「あ!でも今日は初回なのでそんなにすぐ決めなくても大丈夫です
    次回以降に計画書とか色々書いてもらうものもありますし」


途中から何となく気付いていたんだけど
このお嬢ちゃんがずっと俺の担当なのか・・・
ハロワと違って毎回変わるわけじゃないのね


他にも人はいると思うけど
もしかして偉い人から

「なかなか強烈な人材(俺)が窓口に来た。何事も勉強だ君が担当してみなさい」

とか言われて俺を担当することになったんだろうか?
そうだとしたら申し訳ない気持ちで一杯だね

なんて考えていたら

AA_10-31-4

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村