よくネットで

「警備員は最終手段だ。ギリギリまで足掻く!」
「爺になってからでも出来る仕事だろ?爺になってからやるわ。それまでニート続行」
「警備員なんて落ちる奴いないよ」

などなど書かれているのをよく見るけど
ほぼ正解だね
少なくとも俺のいる会社は誰でもウェルカム状態だわ


ただし続くかどうかは何ともいえないけどね
というのも先日

AA_2-11
AA_2-11-1


ポンコツさん 「ええ?嘘でしょ?俺は強制的に休みにされたよ?」

俺      「はあ。いや、よく分からないですけど俺は仕事です」

ポンコツさん 「オカシイなぁ。俺のほうが警備員歴長いんだけどなぁ。グチグチ」

俺      「とりあえず会社の偉い人に聞いたみたらいいんじゃないですか?」

ポンコツさん 「そうだね聞いてみるわ」



なんてことがあったんだよね

ちなみにポンコツさんの代わりに来た人は入ったばかりの20代の人
凄く良い人だったよ
吸収はやいから仕事もすぐに慣れるだろうしね


ようするに今回ポンコツさんは20代の人を現場に入れる為に弾き出された形

警備員歴を考えれば俺が弾き出されてもおかしくはない
じゃあポンコツさんより俺が優秀だから残されたのかというと
それはちょっと違うと思う


俺がこの警備会社に入ったばかりの時に偉い人から

AA_2-11-2

なんて言われたんだよね


ポンコツさんはこの会社に入って1年ほどになる
ポンコツなんて名前をつけて失礼かもしれないけど
本当に仕事が出来ない

今回弾き出されたのも会社から
「適性無し」と判断されつつある状態なのかもしれない

だってポンコツさんより10歳以上年上のお爺ちゃん警備員が何人も
弾き出されず仕事に入っているんだからね


まあ最近は圧倒的に後輩の俺が警備現場の色んな配置を経験しているのに
自分は明らかに一番楽な配置しか任されていないことに危機感を覚えたのか
何とかしようと頑張っていたようだけどね

AA_2-11-3



こんなこともあるからね
誘導員になるのは超楽勝だけど
会社から「こいつセンス無いな~」なんて判断されたら
希望通りの日数の仕事を与えられない半干され状態にされちゃうっぽい
俺の会社だけかもしれないけどね

最終手段で誘導警備員を考えている人は一応気をつけてね

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村