交通誘導警備員になろうという
物凄く奇特な人がもしかしたらいるかもしれないので
参考になれば・・・


日給面では都内なら8000円以上の会社じゃなきゃ今時話しにならないね
(埼玉でも8000円ってのが目安になっている)
でもいまだに都内で7000円台の会社もあるけど
そんな会社は論外
その会社の募集欄は破り捨てて良し

8000円前半なら+交通費全額支給
交通費無しなら9000円前後

これが最低ライン


基本的にいま交通誘導警備はバブルなんだ
仕事が弱小警備会社ですらアホみたいに土木会社から入ってくる
でも大手以外の警備会社は肝心の派遣させる人が居ないって状態なんだよ

だからどこも隊員を増やす事に躍起になっているけど
バブル状態なのだから既に働いている隊員の日給を
今後上げていって少しでも隊員に還元してくれる会社なのか
それとも全く上げず現状維持のままで隊員から摂取することしか考えない会社なのか
警備会社でこれから働こうとする身としては実に重要で気になる部分だよね


でも正直、これは入る前の募集広告等や入る時の面接では分からない
募集広告ではそんな事は書かないし
面接で聞いたとしても
「上げていくつもりですけどね~」的な感じで
上手い具合にはぐらかされるに決まってる

じゃあどうしたら分かるかというと
どの警備会社にも必ずいる古株に聞けば良い
もうストレートに
「今は9000円ですけど○○さんが入った時はいくらだったんですか?」
って感じで

仮に古株がその警備会社での所属年数が5年
当初は7000円後半~8000円だったとしたら
5年で日給が2回くらいは上がっているわけだから
悪くない会社だといえると思う

反対に上がっていなかったらご愁傷様だね


あと今後はどこの警備会社も社会保険完備になるはずだから
その過程で隊員の日給も上げてくれるのかどうかも
マシな会社かどうかの目安になるね


それと気をつけたいのが
交通誘導だと工事が早く終わっちゃう時がある
本当に早いと午前中で終わりってのもある
こういう場合
警備会社によっては
13:00までに勤務が終了したら半日分とか
勤務開始から○時間以上で半日以上保障とか
の決まりがある会社がある

こういう会社は辞めた方が良い
勤務開始30分で終了しても日給全額保障してくれる会社を選ぶべきだね


ほかには超ブラック警備会社として
警備協会に入っていない会社ってのがある

俺がゼネコンに派遣されていた現場のすぐ隣の現場の警備員の会社がそうだった
日給8000円で交通費無しらしい
しかも警備協会に加盟していないわけだから
会社の枠を使って隊員に検定試験を受けさせるという事が出来ない
枠が貰えない訳だからね
つまりその会社の隊員は検定資格が欲しい場合は
俺と同じように高いお金を払って「なろう講習」を6日間受けなきゃならないわけだ

だから会社に頼んで検定を受けようと思っている人は
絶対選んじゃいけない警備会社だね


10-05
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村