3-7


長く同じ現場に固定されると必ずそこの作業員や監督と
仲良くなる隊長・隊員が出てくるんだよね
当たり前なんだけどさ

仕事終わりに皆で呑みに行ったり
ご飯を食べに行ったり
年齢が若かったりすると作業員として誘われたりね
仕事面でもお互いの事が分かっているから上手くいく事も多い

でも当然、デメリットもあるわけ
作業員の仕事
例えば待機している工事車両を隊員が運転して移動させたり
誘導そっちのけで隊員全員で看板等の片付けを手伝ったりして
実は警備服を着た作業員なんじゃないの?ってのも居るからね

警備会社側からすると不安になるよね
若い隊員が引き抜かれる可能性があるし
作業員の仕事を手伝って怪我でもされたら
これまた面倒臭い事になるし
でもまあ、そういう隊長・隊員の噂や情報を掴んだら警備会社から巡回が来て
派遣されている隊長・隊員さらに派遣先の建設会社に注意するからいいのよ
大抵の場合はそれで暫く大人しくしているから


本当に問題なのは
派遣先と監督や親方、作業員と殆どコミュニケーションを取らない、
または変な考えを持っている隊長が居る現場なんだよね

毎日、工事が始まる前に監督とその日の工事内容と誘導員の配置について話し合うんだけど
問題がある隊長は監督の言う事をハイハイと聞いちゃうんだよ
それがどんな無理難題でも

実際に起こった話だと
土木現場では誘導員を5人使うなら休憩要員として1人は用意されているのね
つまり工事現場で実際に配置に着くのは4人で残り1人は順番ずつ交代して休憩を回してるんだよね
でも無茶を言う監督だと最初の指示で5人をフルに使おうとするんだわ
そんな無茶振りされた時にそこの隊長は何も意見を言わずに監督に従っちゃって
皆の休憩が定時まで勤務してトイレ休憩(5分)2回しかなかった
っていうのがあったのよ
んで怒った隊員が隊長に詰め寄ったら
隊長は


3-7-1
 

とか言ったらしいぜ
死ねばいいのにな



他にも監督とその日の作業内容を全く話し合わない隊長ってのも居たわ
当然、何をどこでやるのか規制はどうなるのか配置はどうなるのか
全く分からないから開始時間になったら、みんな右往左往。
そのうち作業員達が看板を設置したところに立つ、規制を作ったところに立つ
って感じで何となく勤務開始したらしい

こんな隊長が居る現場には行きたくないね



ちなみに俺の場合、任された現場で最優先で考えてる事は
休憩をどれだけ回せてどれだけ休めて楽できるか。
だったよ
今までの休憩時間の最大は計3時間くらいだったね

コツは工事現場といえど常に忙しいわけじゃないから
そういう時間帯に最低人数だけ残してゴッソリ休憩に行かせちゃう
もちろん監督には内緒でね
てか監督が居ない時にやる
どこの現場の下請け業者も元請け監督が居ない時は自由にやってるから
それに便乗って感じだね


3-7-2


早く終わる事もあって
休憩も上手くやれば長時間取れる
っていうのが数少ない交通誘導の良い所なんだしな
それが無かったらやってらんないわ
 



 3月に使えるお金残り


馬券代     -3000円


55,000円
(競馬資金15000円) (TOTOBIG 6000円)

(今年の競馬収支 -59000円)
(今月の三国志大戦代 残り20000円)
(1パチ貯玉約3000発)
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代男性日記へ

にほんブログ村