7-22


隊員の配置で明日、2日後とかに

現場で必要な警備員の総人数<隊員数
で隊員が余っている状態なら余剰

現場で必要な警備員の総人数>隊員数
で隊員が足りない状態なら欠員

なんだけど
内勤者にとってどちらが楽かっていうと、
圧倒的に余剰状態の方。
最悪、余っちゃった隊員は休みになるだけだからね。
もちろん出来るだけ休みにならないようにするけどさ。

反対に欠員は大変、
どうしようもない場合は内勤者が現場に出る事になる。



余剰状態、欠員状態。
どちらの状態でも出てくるのが「協力会社」
要するに協力関係にある他の警備会社のことで、
この協力会社と毎日のように隊員や現場のやり取りをしているのよ。

例えば
うちの会社の隊員が明日10人余っている状態なら、
すぐに各協力会社に連絡を取って、
その中から
明日現場の方が多くて隊員が足りない会社の
A社から4人分の現場。
B社から3人分。
C社から2人分。
D社から1人分。

みたいな感じで余った10人分の現場を引き受けるんだよね。

でも毎日、余った隊員全員の現場が用意出来るわけじゃないのよね。
当然。各協力会社も毎日毎日隊員が足りない、って状態じゃないからさ。

うちの会社が10人余っていたけど、
各協力会社からは計3人分の現場しか貰えなかったって日もあるわけよ。

そういう時は、辞めてもらいたくない隊員から優先的に現場が用意され、
優先度が低い隊員は強制休み。
になるんだよね。
このブログでも出てくる評判の悪い隊員達は当然休みになる。

これが余剰の場合。



反対にうちの会社が欠員の場合もやる事は基本は同じ。
各協力会社に連絡を取って、隊員が余っている協力警備会社に現場を任せる。

って感じなんだけど欠員状態のが大変。
まず協力会社に任せる現場選びから始まって、
そこの監督から了解を得ないといけないし、
OKを貰ったとしても
各協力会社の隊員が余っている状態じゃなければ何の意味もないわけ、
各協力会社から余っていませんって断られてしまったら、
その時は足りない人数にもよるけど内勤者が現場に出るか、
それでも足りない場合は各建設会社に相談してその日の人数を減らしてもらうしかない。
これがメチャ大変。


ある日の欠員数が20人とか出た日があったんだけど
その時は会社のみんな


7-22-1


 こんな顔になってたよ。




 7月に使えるお金残り

47,000円
(競馬資金11000円) (TOTOBIG 6000円)

(今年の競馬収支 -111550円)
(今月の三国志大戦代 残り20000円)
(1パチ貯玉約3000発)
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 元ニートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代男性日記へ

にほんブログ村