4-3



この警備会社に入って初期に登場したポンコツさんもその1人。


今月末は
「GWで工事が止まって仕事が無い日が続く」
っていうのが分かっているベテラン達は、
この時期に特に働きたがるんだよ、閑散期だけど。
しかも今年のGWは例年より長いからね。


そのしわ寄せを受けるのがポンコツさん含む優先度の低い隊員達。

家・駅から遠い現場は嫌だ。
あそこの土木会社の現場は行きたくない。
あの現場には嫌いな隊員が居るから嫌だ。
通行止めしかやりたくない、片交現場は拒否。
定時・残業が多い現場は嫌だ。

こんな感じでワガママ放題言ってきたから
自業自得なんだけどさ。


繁忙期なら他社の協力警備会社からも現場をもらえるから、
優先度の低い隊員達にも現場はある。
ただしそういう現場は殆ど利益になら無いんだよね。
っていうかほぼゼロ。


繁忙期での優先度の低い隊員達の役割は、
とりあえず翌日の現場数を確保しておく事。
何事も無ければ翌日は無事全員働ける。

でもそんな平穏な日々が続くとは限らないんだよね。
工事現場は事故・トラブルで突然明日からしばらく出来ません。
ってなる事が結構あるから。

1つの現場が中止になったら、
そこへ行っていた隊員は当然休みになる。
しかし中止の知らせがまだ配置換えが出来る時間帯なら、
速やかにその隊員5人と優先度の低い隊員5人の現場を入れ替えられるのよ。
これが彼等の役割。
こんな日々が繁忙期の夏の初めくらいから3月中旬くらいまでは続く。


そして閑散期、特に4月から5月はもう現場数自体がすくないから、
優先度の低い隊員達に役割は無い。
会社としては別の仕事を探してもらってもいいし、続けるならどうぞ
って感じ。



閑散期の1ヶ月の勤務日数は
俺の予想だと今年は、


優先度の高い隊員(検定持ち・現場隊長)
本人が望む日数働ける。
(体が続くなら40勤務も可能)

平均的な隊員
15~24勤務くらい。
(幅が広いのは毎日働く人と週4~5で働く人が居るから)

優先度の低い隊員
勤務日数はたぶん一桁。


くらいになるんじゃないかな。
今年は昨年より酷いから、
平均的な隊員でも希望している日数より3~4勤務少なくなる気がするんだよね。
その人たちに対しては「お休み」を伝えるのが申し訳ないしツライ。





 4月に使えるお金残り


70,000円
(競馬資金30000円) (TOTOBIG 6000円)

(今年の競馬収支 -26000円)
(今月の三国志大戦代 残り20000円)
(1パチ貯玉約3000発)

にほんブログ村 その他日記ブログ 元ニートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代男性日記へ

にほんブログ村